Skip to content

小児歯科の難しさについて

小児歯科は一般の歯科よりもコミュニケーションが重要になります。

これを軽視してしまうと患者である子供と信頼関係を構築する事が出来ず、治療に多くの時間を費やす事になります。そして、担当の医師は心身を強く疲弊させます。小児歯科では保護者とのコミュニケーションよりも当事者である子供とうまくコミュニケーションを取る事が重視されます。保護者とスムーズにコミュニケーションを取る事が出来ても患者とコミュニケーションを取る事が出来なければスムーズにケアを行う事が難しくなります。

言語コミュニケーション、非言語コミュニケーションの双方を活用して子供の状態をより正確に把握する事が重要です。小児歯科ではチームケアが重視されます。歯科でケアを行っても家庭での対応が良くなければすぐに子供の歯の状態は悪くなります。医療スタッフと保護者が連携しなければ当事者のケアはうまくいかないです。子供は些細な事で機嫌が悪くなり、スムーズなケの実現が難しくなる事が多いです。そのような状況に陥ると早く問題を解消するために保護者とばかりコミュニケーションを取る医師が少なくないです。

しかし、肝心の子供の心身のケア出来ていないため必要な治療をなかなか行う事が出来ないです。子供とコミュニケーションを取る事は簡単ではないです。しかし、簡単ではないからといってコミュニケーションを避けたままであるとスムーズに子供のケアは出来ないです。子供寄り添いながらケアを行う事が大切です。
渋谷の歯科のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *