Skip to content

歯科医療とサービス競争

現代日本において歯科医院の数は飽和状態に近付きつつあります。

特に都市部においてはその傾向が顕著であり、開業している歯科医院の数はコンビニと比較されるほどその数が多くなっています。その結果として限られた患者の奪い合いという問題が発生することとなり、その争いがサービス競争につながっているというのが現実であると言えます。サービス競争の方向性は歯科医院の考え方によって若干の違いが存在しています。

ある歯医者においてはサービスの内容を重視して、他の歯医者では提供が難しい特殊な治療の提供を実現する等の対応により差別化を図っています。インプラント治療や無痛治療、他の歯医者では断られた症例での治療など何らかの技術的な特色を売りにして技術を提供するのがそれらの歯医者の特徴であると言えるでしょう。また、サービスの質で勝負をしている歯医者もあります。

具体的には夜遅い時間までの営業を行うことで仕事帰りのサラリーマンでも簡単に利用できるような環境を構築する等の対応がサービスの質に該当します。一般的には医療機関は午前と、夕方からしばらくの営業の二部構成が多くなっていますが、夜遅くの夜間診療を行っている歯科医院はそれほど多くはありません。そのため社会人のニーズを確保するためには診療時間の延長、拡張などの対応は選ばれる歯科医院になるためには重要なものであるということが出来るのです。その様な仕組みで近年の歯医者は差別化を図っているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *