Skip to content

歯科に対する考え方が変わっている

50代以上の人に歯科が好きかと聞くと、大多数が大嫌いと答えるはずです、昔は歯医者さんは歯が痛くなってどうにもならなくなってようやく行く場所という位置づけでした。

そのために痛い麻酔の注射からはじまり、たくさん削って口が痛くなって、くたくたになったものです。当然虫歯はかなりひどい状態になっているので、一度や二度の治療では終わらず、しばらく治療が必要になって、余計に歯医者嫌いになってしまったものです。でもいまは、歯科に対する考え方がずいぶん変わってきています、予防歯科という考え方が主流になってきているので、歯医者さんには、定期的に通って歯や歯肉の状態を確認してもらうためにいっているのです。

もし虫歯がみつかったとしても早期で治療が終わりますから痛いということもないので、歯医者嫌いにならないのです。また日本人に多いと言われている歯周病ですが、定期的に通うことで、悪化することを食い止めることができるのです。歯周病が悪化しなければ歯を失うリスクも減るので、いつまでも自分の歯で食事をすることができます。

歯を維持することで、認知症になるリスクも少なくなるといいますから、どの年代であっても定期的に歯科に通うのはとても大事なことなのです。昔は歯について歳をとれば悪くなるものと思われていましたが、いまはそういう考えではないです。定期的に通うことで、いつまでも自分の歯を1本でも多く残すことがとても大切なことなのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *