Skip to content

歯科は定期的にいったほうがいい

昔と今では、歯に対する考え方がまったくちがっています。

昔は歯科は、歯が痛くなってから行く場所という考え方でした。だから歯科にいくと、虫歯がひどくなって見つかるので、当然ながら麻酔をしたり削るというとてもつらい治療になったものです。そういう治療をするから、さらに歯医者嫌いになるという悪循環になっていました。また、だれでも年を重ねていくうち歯は悪くなるもので、悪くなればそのうちうち抜けてしまって最後は、入れ歯になるという考え方でした。

今思えばすごく乱暴な考え方です。もちろんそれは間違いです。入れ歯になってすべて解決するわけではありません、そもそも歯を失うと人の歯茎はもうお役目を果たしたのだと、歯茎が痩せてしまいます。そのため、入れ歯まで合わなくなってしまって、なにをやっても物が食べにくいという状態になります。さらには歯を失ったことで、認知症にリスクも、歯がある人にくらべてかなり高くなってしまうということもわかっています。

ですから、いくつになってもできるだけ歯を失わないようにしけなればならないのです。そのためにも歯科に定期的にいくことが必要です。虫歯を早期に見つけることで、痛くない治療で終わりますし、日本人に多いといわれている歯周病を悪化させないためにも、定期健診をうけたり、治療をしっかりと受けることが必要なのです。さらに、プラークについている細菌で口内環境が悪くなるということですから、きれいにとってもらうなどの治療も必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *