Skip to content

歯科の考え方がかわっている

昔と今では歯科に対する考え方がずいぶんと変わっているように思います。

というのも50代以上の人が、子どものころは、予防歯科の考え方は浸透していなかったものです。そのため、歯医者さんにいくのは、歯が痛くなってどうにもならなくなっていくので、当然虫歯が進行した状態でみつかり、結果として痛い麻酔をやったり、削ったりしてほんとに大変な治療をすることになっていました。そのため、歯医者さんなんて、二度と行きたくないという気持ちになり、よけいに足が遠のく、そしてまた歯が痛くなるという悪循環が繰り返されていたのです。

でもいまは違います。歯科にいくのは、歯が痛くなってからではなく、定期的にいくことで、歯や歯肉の状態をみたりします。そのため、虫歯になっていたとしても、早期の状態で見つけることができるので、痛い治療にはならず、歯医者さん嫌いになる人も少ないというわけです。日本人に多いといわれる歯周病も、定期的にいくことによって、悪化を予防することができるのです。

ですから年齢に関係なく歯科には定期的にいっていたほうがいいということになります。食べ物をしっかりとたべ消化するうえで、歯が丈夫であることはとても重要なことです。一度虫歯になったり削ってしまった歯というのは、もとの健康な状態に戻ることはできません。ですから、いまある健康な歯を維持できるように努力していかなくてはならないのです。歯医者さんは、敵ではなくあなたの味方なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *