Skip to content

歯医者と喫煙が原因の歯周病

歯医者へ通う理由として、虫歯と同様に多いのが歯周病です。

歯周病は歯医者での治療をしながら、日常生活での口腔内の衛生管理も必要になります。そんな歯の病気ですが、喫煙が原因で歯周病になることもあります。タバコは剃らないようにしたほうがいい歯周病の症状として、歯茎に腫れがあるとか、口の中の粘りつきが激しいとか、口臭がきつくなっている時もやめるべきでしょう。歯と歯の隙間が目立つようになったときや、歯が伸びたように見えるのも危険です。

口内に膿が溜まってしまい、治療をしないままだと歯が抜け落ちてしまうのが歯周病です。原因を招いたタバコは、スッパリとやめてしまうのが歯と健康のためです。はじめは、タバコの本数を減らすことから初めて見るといいです。意図的に禁煙期間を設けてみるとか、少しずつ減らすといいです。歯磨きをしても汚れはパーフェクトには落としにくく、その汚れが歯に蓄積すると、自分では落としにくくなります。

歯医者で、保険適用で可能なクリーニングを、定期的にしてもらうといいです。プロの歯科クリーニングは、自力では落としにくい歯石なども落としてくれます。汚れを落として行くことで、歯周病細菌は繁殖しにくくなります。歯周病と喫煙には、深い関係性があります。習慣的にタバコを吸う人は、禁煙が大変なものです。ですが天然歯は本当に貴重ですから、歯医者に通いながら指導を受けて、タバコも徐々に減らしていくと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *