Skip to content

歯医者の現状と展望とは

以前は歯医者の仕事というのは医者の仕事と同じく、花形の高収入を得ることができる仕事として捉えられていました。

ですから、セレブの生活をすることができると思われていて、社会的にも大いに認められるような職業として憧れとしても考えられるくらいでした。しかし、今はかなり歯医者が過剰になってしまっており、位置づけも変わりつつあります。歯が痛くても我慢をしたり、矯正やインプラントなども高額なので避ける人もいたり、それだけの患者数が集まらないわりに歯科医院がたくさんできてしまっているということがいえるのです。

今や歯医者はコンビニを超えるくらいの数になっているといわれているのです。ほかにも過剰になってしまったのには理由があります。過去に歯学部を増設してしまい、定員をかなり増やしてしまったということがいえます。数多くの私立の歯学部ができてしまい、高額の学費を払って歯学部に進学するという人もそれほど多くないこともいえるでしょう。

ですから、歯科医院が多くなりすぎてそれだけ患者を獲得できなくなり、開業しても廃業することになってしまうということもあるのです。しかしながら、将来的に考えても健康維持のために歯のケアというのは必要な分野でもあるので、将来性がないわけではありません。高い技術を持ち、患者との信頼関係を構築できるような歯医者はこれからも人気を維持して経営をしていくことができるのです。やはり患者のために診療をしっかりとできる歯医者が一番なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *