Skip to content

歯医者の通い方について

歯医者は歯が痛んだり、銀歯が取れてしまったなど悪いことが起きたら行く場所だと思っている人が多いです。

できれば行きたくない場所だけど、痛みがあるから仕方がなくて行くと思う人がほとんどです。しかし、歯医者の通い方は、不都合があるときに行くのではなく、定期的に通う方が様々なメリットがあります。痛みなどの自覚症状があるときには、虫歯はすでに進行している状態です。痛みが出てからの治療は、神経の除去など複雑な治療が必要なことも多く、治療回数も多くなってしまいます。

そこで、痛みなどの症状がなくても定期的に歯医者に行くことで、虫歯が出来ても初期の段階に発見でき、治療回数も少なくて済みます。治療で削ることになっても、初期の虫歯なら浅いので、痛みもなく治療することが可能です。日本人の8割がかかっているという歯周病も、初期にはほとんど自覚症状がなく、静かに進んでいく病気です。そのため、お口の病気は早く発見し、早くに治療することが大切になります。

大人の場合では半年に一度、子供は3~4カ月に一度の検診を受けることで、お口の状態をより良いものに保つことができます。痛みがないのに行くのは面倒だと思う人もいるかと思いますが、歯は削ってしまうと元の状態に戻ることはありません。大切な歯でいつまでも噛める喜びを続けるためには、検診が欠かせません。検診でトラブルが見つからなくても、歯石を取るなどのクリーニングを受けることで、歯がツルツルになり爽快感を得ることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *