Skip to content

治療途中で歯医者に行かなくなった場合

歯医者で虫歯の治療をする場合、虫歯になっている部分を削って詰め物をするという流れになりますが、詰め物が終われば治療自体が終了したと勝手に判断して、歯医者に行かなくなる患者は少なくありません。

ただ、実際は別の場所に小さな虫歯があって、その治療を行うはずだったといったケースがあります。なので、歯医者から直接、これですべての治療は終了ですと言われない限りは、通い続けないといけません。特に、途中で治療をやめると大変なことになるケースが二つあります。まず、歯が抜けてしまって、ブリッジか入れ歯を入れるという場合、それらを入れる前に仮歯と呼ばれる義歯をはめます。

ブリッジや入れ歯を作るのには時間がかかるので、完成するまでの間、歯が抜けているままにならないように、歯に似せたものを入れるのです。しかし、仮歯は、あくまでも見た目だけ歯に似せて作られたもので、ブリッジや入れ歯のように歯の代わりにはまったくなりません。たとえば、食事をしている最中に取れてしまうということがあります。

そのことを知らずに、仮歯を入れてもらったあと、これで問題ないと勝手に判断して歯医者に行くのをやめてしまうと、仮歯とともに他の歯も駄目になってしまうことがあります。もう一つのケースとしては、根管治療中に行かなくなってしまうケースです。虫歯が痛むときは根管治療で根を取ってしまいますが、この際、まず最初に歯の根元に薬を入れます。その後、日を置いて神経がなくなった部分にガッタパーチャという物質を詰め込んで蓋をするのですが、薬を入れた時点で行かなくなってしまうと、歯の寿命が短くなってしまいます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *