Skip to content

歯医者が入れ歯ではなくブリッジを選択するのは

虫歯などによって前歯が一本なくなってしまった場合、歯医者は入れ歯ではなく、ブリッジをかぶせるという治療法を選択することが多いです。

患者からすると、入れ歯の方が肉体的な負担はないのですが、なぜ歯医者はブリッジを選ぶのでしょうか。まず、入れ歯の場合ですが、歯を作ったら左右の歯を利用して固定することになります。なので、笑ったりして歯を大きく見せると、どうしてもその固定用の器具が見えてしまい、見た目が悪くなってしまいます。

また、入れたら、そのまま入れっぱなしにすることは出来ず、外してメンテナンスをしなければなりませんが、虫歯で鼻を失うような人は基本的にめんどくさがりなので大変です。では、ブリッジの場合はどうかというと、義歯を上からかぶせてはめこむという形なので、固定器具というものはありません。なので、見た目の不自然さは入れ歯と違ってまったくありません。

それと、入れ歯と違って外してメンテナンスを行う必要はなく、はめたまま、歯ブラシで磨くことが可能なので、めんどくさがりやの人でも簡単に手入れをすることが出来ます。更に入れ歯よりも強度があるので、硬い物を噛むことも問題ありません。上記のように、入れ歯と比べるとブリッジの方がメリットが多いので、はめるまでの負担は大きくても、歯医者はブリッジを入れることを選ぶことが多いわけです。ブリッジを入れる場合は、健康な歯の神経を取って、最低でも二本は削らないといけないので大変ですが、そこを乗り越えればあとは楽なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *