Skip to content

歯医者に行けないときに発生した歯髄炎の対処法

歯医者へは定期的に通うのがベストですが、痛みが出てから行くという人は少なくありません。

ただ、この場合の問題は、痛くなったときに歯医者が診察してくれないことがあるという点です。たとえば、夕食を取って、お風呂に入って寝るという時点でうずき出して、だんだんと激しい痛みになることがあります。こういった場合の歯の痛みの原因は歯髄炎と呼ばれるものです。食べ物が虫歯を刺激したり、あるいはお風呂に入って血行がよくなることで歯の神経が刺激されて痛みが発生します。

横になると痛くなるのも、頭に血が上がりやすくなって歯を刺激するからです。もし、歯医者に診察してもらえる時間であれば、歯髄炎は歯の神経を抜く、あるいは抜歯することで治療することができますが、夜に痛みが出た場合は自分で対処するしかありません。では、どのような対処方法がいいのかというと、まず、痛んでいる部分の歯を歯ブラシで磨いてみましょう。

食べかすが虫歯を刺激して痛くなっている場合は、これだけで緩和する可能性があります。それでも痛みが引かない場合は、氷で冷やしてみましょう。これは劇的によくなる対処法ではありませんが、ある程度、痛みを麻痺することができます。もし、痛み止めがあれば飲んでしまうのも対処方法の一つです。この場合の痛み止めは、たとえば、骨折をしたときに処方されたものでも基本的には使えます。痛み止めは、痛くなった場所によって種類が違うということはないからです。
渋谷の歯医者のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *