Skip to content

歯医者で受ける治療として痛みを感じるものは

歯の治療中に歯医者によく言われる言葉として、「もし痛かったら手を挙げて教えてください」というものがあります。

挙げても手を止めることなく治療を続けられるので意味がないと皮肉を言う人もいますが、実際は、ちゃんと加減をして対応してくれます。では、痛くなる治療にはどのようなものがあるのでしょうか。歯医者に行ったことがない人ほど、歯医者での治療はすべて痛いと考えがちですが、実際にはそんなことはありません。というのは、痛みが強い治療の場合は必ず麻酔を使うからです。

たとえば、抜歯や歯の神経を抜く治療などがそうです。麻酔が効いている状態で歯を抜いても、痛みを感じることはありません。ただ、患者は痛みを感じるのに、あまり麻酔をしてもらえない治療があります。それは歯石除去です。歯の表面についた歯石は歯ブラシなどでは落とすことが出来ず、歯医者にある、先が高速回転する器具を使って削り取るしかありませんが、この器具が歯に当たったりすると、それが歯の中の神経を刺激して痛みが出るのです。

なので、痛かったら手を挙げてと言われるのは、歯石除去のときがほとんどです。では、なぜ痛みが出るとわかっているのに麻酔を使わないかというと、抜歯や歯の神経を取る治療と比べれば、我慢できなくはない痛さだと歯医者は考えているからです。麻酔を使えば、当然、治療費が増えることになるので、我慢できるレベルの痛さであれば我慢してもらおうと考えているわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *