がん検診を受けてがんを早期発見、完治しよう

バナー

がん検診を受けてがんを早期発見、完治しよう

がん検診を受けることで、がんを早期に発見することができます。がんは、その初期段階においては自覚症状がないことが殆どです。
がんは、最初は小さな組織です。

そのため、初期段階では体に悪影響を及ぼすこともありませんから、自覚症状が出ません。

しかし、その状態で放置しておくと、次第にがん組織は大きくなっていきます。

がん検診の情報についてご説明します。

無限に細胞分裂を繰り返して成長していくのががん細胞の特徴だからです。



がん組織が大きくなると、周囲の健全な組織に与えられるべき栄養分や酸素を取り込むようになり、体が衰弱し始めます。

また、ある程度大きくなったがん組織は、酸素不足の信号を体に送ることで、自分の組織に血管を通してもらうことができ、その血管で自分たちに栄養と酸素を取り込み、更に血管を通してがん細胞を体中にばらまきます。



こうなってしまうと手遅れで、体中に転移したがんを全て発見し取り除くことは難しいので、完治することは難しくなります。がん検診は、このような事態を避けるため、がんの自覚症状がない方を対象として行う検診です。
自覚症状がないということは、仮にがんを患っていたとしてもまだ初期段階ですから、がん組織が小さく、体中に転移していることもほとんどないので、治療は比較的簡単で短期に終わります。
また、体中に転移していないので、再発する恐れも少なく、完治することができます。がんを早期発見し、完治させるためにはがん検診を定期的に受診することが、現在の日本では最も確実で安価な方法です。